読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く?正しく?美しく?

趣味や家事育児、闘病のおはなし

甲状腺の手術、、、1

これは私の備忘録とともに、
甲状腺についてなにか心に引っ掛かることがあり、
ネット検索された方むけの記事です。

病気の話、手術等の話が苦手な方は、
回れ右して、別の記事にどーぞ。



2016年10月。
重い腰を上げて、健康診断に行く。
「心の病気以外は元気」が売りだから、まあ異常なしだろうとたかをくくりながらの健診。


母が2015年1月に乳ガンで手術をしていたし、
叔母が18年前に乳ガンで手術をしたいたため、
私はマンモグラフィーとエコー検査の両方をしてもらった。


胃カメラは何度か経験があるも、
バリウム検査は未経験だったため、
胃カメラを選択したいが負担額を聞いて
大人しくバリウムを選択。


結果、、、


マンモグラフィーと胸部X線に所見あり。

結果が届いた翌日、そのまま地元の総合病院へ。

胸部X線は内科だし、マンモグラフィーは乳腺外科。

乳腺外科は曜日が限定されているというので、そのまま総合内科へ。

総合内科で診察後、レントゲンや血液検査などを受け、また診察。
そこで甲状腺が大きくなってることを知る。

甲状腺の右側が大きくなっていることで、気管支が歪んでいるのが、素人目にもよくわかる。
そして後日、血液検査の詳細や、甲状腺エコーの検査結果を聞きに行き、私の行った総合病院は甲状腺の専門医がいないということで、転院。

この時、血液検査でみた腫瘍マーカーの数値は、標準の数値の10倍以上だった。


帰りの運転中、ガンならどうしよう。
こども達を残して、この世から去る可能性があるかもしれないと、
泣きそうになるが、まだガンと決まった訳じゃない。死ぬと決まった訳じゃないと、必死で自分を奮いたたせる。

そして、昔はあんなに自殺願望があったのに、いざそうかもしれないとなると、死ぬのは嫌だと思い、そのチグハグさに困惑。



2に続きます。


☆☆☆☆☆ブログのランキングに参加しています☆☆☆☆☆☆

ピンクッションの画像をクリックするとハンドメイドのランキングページに飛びます。
リボンの画像をクリックすると、メンタルヘルスのランキングのページに飛びます。
よろしかったら、クリックをお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村




by ショコラ