縫ったり、編んだり、笑ったり

趣味や家事育児のお話。たまに病気のことも?

<Reading>2016年1月

年明けから、スマホで読書記録をしていて、

パソコンでそのサイトを覗いたら、こんな機能があったので。

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:923ページ
ナイス数:17ナイス

エンキョリレンアイ (新潮文庫)エンキョリレンアイ (新潮文庫)感想
すれ違いの展開をドキドキ読んでいて、残りページ数でどんな展開かと思ったら、なんだか急にまとめられた感じ。

もっと、この二人にドキドキさせられたかったし、もっと小手鞠さんの文章に浸っていたかった。

裏表紙のあらすじ欄に3部作とあるので、2作目に期待!!

読了日:1月26日 著者:小手鞠るい

([ん]1-4)明日町こんぺいとう商店街: 招きうさぎと七軒の物語 (ポプラ文庫)([ん]1-4)明日町こんぺいとう商店街: 招きうさぎと七軒の物語 (ポプラ文庫)感想
金平糖の様な、儚い甘さの短編集かと思いきや、甘さなどほとんどなく、人間味があふれた、かすかに塩っけの感じる短編集だった。私の住む街には、商店街がないので、この塩っけがうらやましくてしかたがない。スカイツリーのお膝元に実在しないのが残念だ。
読了日:1月19日 著者:大島真寿美,彩瀬まる,千早茜,松村栄子,大山淳子

ダリアダリア感想
ハナコは結局、誰だったのだろう?

太郎のセーターの行方は?

いくつもの小さな疑問が残る作品でした。

『あなたという人間は、たったひとりしかいない

ってホント?』

この問い掛けの意味が、表紙を開くまで分からなかった。

読み終えてみて、さらに分からなくなった。
読了日:1月18日 著者:野中柊

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)感想
入浴しながら読んでいて、短編の謎解きものなのに、もっと読みたいという気持ちがむくむく沸いてきて、何度かのぼせそうになった。一つの謎解きが終わったら、次の話に行かず、お風呂から出れば良いのに、ついつい読んでしまう、そんな作品。美術部の先輩に託された2枚の絵の話が好き。終わり方が潔すぎて、謎解きものだと言うことを忘れそうになるくらい。
読了日:1月13日 著者:米澤穂信

読書メーター

読書できる時間って

◆病院の待合室

◆入浴中

◆布団の中(電子書籍版に限る)

って感じで、メインは入浴中に読んでいます。

にほんブログ村ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
パッチワークキルトのブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
編み物のブログランキング

 応援のポチッで、KIYOMIが小躍りするくらい喜びます