縫ったり、編んだり、笑ったり

趣味や家事育児のお話。たまに病気のことも?

迷子

こんにちは

おがっしーですしょぼん

今日のブログはしょぼん←こんな顔でお送りします。

なぜしょぼん←こんな顔かというと、

心理検査とカウンセリングの後、疲れきった体でちょっと遠くのホームセンターに行き、帰り道を間違い、迷子になったからです。

通い馴れた道を迷子になるのは、人生3回目。

迷子自体は4回目。

1回目は中学生のとき。

バスを乗り過ごし、次のバスを待つ間、隣のバス停まであるこうと友人と話し、迷子になり、結局12キロの道程を迷いながら歩ききりました。

若いから出来たことでしょう。

2回目は社会人になってから。

車で通い馴れた通勤経路を近道しようと、道路を曲がったら、進めば進むほど山の中に入っていくし、後ろからは山の走り屋に煽られるし、結局Uターンが出来そうな所をやっとの思いで見付け、最初に曲がった交差点まで戻りました。

3回目は方向音痴な私が、調べもせずたまたま行く事が出来たショッピングモールの帰り道。

国道を走っているのに、私が向かいたい地名が行けども行けども出てこない。

ギブアップして、トラックドライバーの従兄弟に「私がいま何処にいて、どうやって帰ったらいいか教えてガーン」と電話をし、わかる道まで誘導してもらいました。

選んだ国道は、いつも使ってる国道のバイパスだったらしく、帰ってきてから、バイパスがあること自体を知りました。

4回目は今日2時頃。

使い馴れた大型ホームセンターからの帰り道。

一本道を間違って曲がってしまったら、工業団地に入ってしまい、カウンセリングの疲れもあってパニック。

また従兄弟にSOSしようと思ったけれど、なんとか知っている商業施設の看板を見付けたので、それを頼りに商業施設まで一旦行き、そこから無事に帰ってきました。

って4回って書いたけど、自動車ディーラーでパートしてる時にちょこちょこ迷子になってたなって思い出しました。

心理検査とカウンセリングと迷子で疲れきって、復活出来なかったので、マミーに連絡し、コウを保育所に迎えに行って貰いました。

花ざかり読者のみなさんは、迷子の経験ありますか!?